ハゲはいわば体質的な面もあります。例えばAGAにしても、男性ホルモンの影響なので言うなれば体質です。そもそも体質とは何かといえば、遺伝と言い換えても良いでしょう。親や、その上の親族から受け継いだものです。ハゲの体質など受け継ぎたくないという男性も多いでしょう。ですがそれもまた、遺伝の宿命なのです。家族や親族にハゲがいると自分自身もハゲる可能性が高いと言われていますが、では具体的に、誰がハゲていると危険なのか。真相に迫るとしましょう。

・祖父がハゲていると危険…
基本的に誰もが祖父は二人いるはずです。母方と父方ですが、いずれの祖父もハゲている場合、残念ながらハゲる可能性は高いと言わざるを得ません。「隔世遺伝」という言葉もあるように、遺伝は直接の親からだけではなく、親の親から、親を飛び越えて遺伝されるケースもあります。自分から見て祖父の遺伝は、父親にも受け継がれているものの発症しない。その代り、孫である自分に受け継がれてしまう…。これはハゲのみならず、案外人間の体に於いて多い部分でもあるのです。
そのため、いずれかの祖父がハゲている、あるいは双方の祖父がハゲている場合、残念ながらハゲる可能性がとても高いと言わざるを得ないのです。両方の祖父がハゲていて、更には自分の父親までハゲている。この場合、残念ではありますがハゲるのはもはや運命と言っても良いかもしれません…。とにかく早い段階からハゲ対策を講じておくことをお勧めします。

・母方の家計も要チェック
ハゲは母方の家計の影響が強いとも言われています。これは単純に女性ホルモンの量の問題でしょう。「女性ホルモン」という名称ではあっても男性にもあるのは周知の事実だと思いますが、女性ホルモンの量が多い男性はハゲにくいのです。つまり、母方の家計でハゲがいる場合、女性ホルモンが少ない家計とも言えるのです。そのため、ハゲやすいと言われています。
例えばAGAも女性ホルモンによって抑えていた男性ホルモンが、年令等によって女性ホルモンが減少したおかげで男性ホルモンの働きを抑えられなくなるからこそ生じる現象です。そのため、母方の家計を見れば、親族の潜在的な女性ホルモンの量が見えてくるのです。ハゲている人がいれば、残念ながら女性ホルモンの量がそこまで多くはない血筋という事になりますし、ハゲている人がいなければ女性ホルモンが豊富な血筋になりますので、母親側の親族の頭髪具合もチェックしておくと良いでしょう。母方側の親族にハゲが多い場合、残念ながらこちらもまた、ハゲは運命となってしまいますので、先同様、早めのハゲ対策をお勧めします。

・父親の兄弟がいたらチェック
父親に兄弟がいる場合、そちらの家計もチェックしておくと良いでしょう。特に父親の兄弟の子供。父親の兄弟の子供と言う事は、祖父が同じで自分自身とは従兄弟という関係になりますが、隔世遺伝等が似ています。母親の血筋が異なるものの、男性側の血筋は同じですので、例えばですが父親の兄の息子がハゲている。この場合、自分自身もハゲる可能性が出てくるのです。逆に父親の兄弟の子供は総じてふさふさであれば、自分自身も心配する必要がないでしょう。
従兄弟とは半分は同じ血筋なのです。その従兄弟がどのような状態になっているのかは、自分自身にとっても無関係ではありません。こちらも大いに参考になるものですので、注意しておきましょう。

・兄弟
兄がいる人は兄の頭髪もチェックしましょう。兄弟というのは遺伝子が同じです。同じ父親、同じ母親から生まれているのです。似ていない訳がありません。そのため、兄がハゲている場合、残念ながら自分自身もハゲる可能性が高いでしょう。もちろん必ずとは断言出来ませんが、同じ遺伝子である以上、やはり可能性は高いです。考え方ですとか味覚といった後天的な部分は違いが現れるかもしれませんが、体質という先天的な部分は似る傾向にありますので、兄がハゲているのであれば、こちらもすぐにでもハゲ対策を講じた方が良いでしょう。
このように言っては失礼ですが、兄が自分自身の生末を表らしてくれていると言っても過言ではないのです。逆に弟が先にハゲるケースも十分に考えられますので、自分に弟がいる場合は弟のハゲも多少は気にしておいた方が良いでしょう。

つまりは親族は全員チェックしておいた方が良いという結論になるのですが、同じ遺伝子という点ではやはり一番参考になるのは兄です。兄はいわば自分の生末でもありますので、兄がハゲているのであれば、当然自分も兄がハゲたタイミングで同じようにハゲる可能性が極めて高いです。また、兄がハゲていないから安心とはいえ、もしかしたら兄も頭髪ケアをしているからこそ、髪が健在というケースも十分に考えられますので、聞き辛い部分もあるかもしれませんが、兄とは情報共有しておいた方が良いでしょう。
そのような場合、兄が行っているハゲ対策を行えば自分自身もハゲから身を守れる可能性が高いのです。

2042