ハゲで悩んでいる人は世の中に大勢いますが、良くみると案外似た特徴を持っている事に気付かされるものです。そこで、女性から見て「この人はハゲるな」と思われるであろう特徴を5つほど挙げてみるとしましょう。

・髭が濃い
やはりこれは圧倒的に多いです。泥棒ヒゲとも呼ばれるような、剃っているのに青々しいヒゲの持ち主はハゲるだろうと思われがちです。こちらに関してはもはや都市伝説ではなく、根拠もあります。ヒゲが濃いという事は男性ホルモンが多いからこそです。男性ホルモンが多いという事は、AGAになるリスクが高いとも言えます。事実、ヒゲも頭髪も濃いという人はなかなかいないものです。
ハゲなのにヒゲだけやたら濃い…という男性は珍しくありません。つまり、ヒゲが濃いと不潔という印象のみならず「この人将来ハゲそうだな」と思われてしまうのです。
都市伝説のように思われている部分もあるのですが、AGAが解明されている今、ヒゲが濃い男性はいわばAGAになるリスクが高いので、決して無関係ではありません。女性の見る目も確かという事なのかもしれませんね。

・縮毛が多い
女性は案外男性の事をしっかりと見ているものですが、縮れ毛が多い男性もまたハゲやすいと見られています。特に側頭部です。最近ではツーブロックが流行っていますが、ツーブロックが流行り始めた背景にはM字ハゲを隠しやすいとか、側頭部の縮れ毛の処理が面倒だから思い切って刈り上げているためといった声もあるほど。
確かに稀にではありますが側頭部のみパーマでもかけているのではないかと思う程に髪の毛がうねっている男性もいます。頭頂部や他の部分は直毛なのに、耳の上辺りだけ髪の毛がパーマになっている。
そのため、髪が伸びてくるとキノコのような形状になっていく男性もいるのですが、これもまた、さすが女性が見抜くだけあり、実際の所ハゲる可能性が高いです。なぜなら、こちらも結局は男性ホルモンの影響だからです。人間の頭部は頭頂部が女性ホルモン、側頭部が男性ホルモンの影響が強いと言われています。側頭部が縮れ毛の男性は、男性ホルモンが強すぎるからなのです。つまり、こちらもAGAになるリスクが高いという事です。

・体毛が濃い
「ヒゲが濃い」に似ていますが、眉毛が濃かったり、特に女性が「この人はハゲるな」と思う部分が胸毛と腹部の毛、いわゆる「ギャランドゥ」です。かつてはこれらの毛は「男らしい」「ワイルド」「セクシー」といった声が効かれた部分ですが、時代と共に「汚らしい」になってしまいました。更には「あれはハゲるだろうな」と思われる物になってしまったのです。
実際、胸毛や腹部の毛が濃い男性はハゲている率が高いので、そのように思われてしまうのも仕方ないかもしれませんが、こちらも男性ホルモンの影響です。男性ホルモンが強い人は全身の毛が濃くなりやすいのです。
ヒゲだけではなく眉毛や胸毛、腹部の毛や腕、足等、全身の毛が濃いのです。男性ホルモンが多いという事は、やはりAGAの可能性が高まるりますので、こちらも女性から「ハゲそう」と思われてしまうのです。

・いつも汗をかいている
決して暑い季節ではないのに汗をかいている。会社で女性陣が冷房が寒いのではないかと噂しているにも拘わらず、なぜか汗をかいている。
このような男性は太っている男性も多いかもしれませんが、女性からは「ハゲそう」と思われているものです。汗をかきやすいという事は、その分頭皮に汚れが溜まりやすいものです。体質である以上、汗を多くかくのは仕方ない部分もありますが、不潔な印象を与えてしまっているのも事実です。そのため、女性からは「あの人ハゲそうだよね」と思われてしまうのです。
太っている男性であれば痩せるだけで汗のかき方も変わってきますが、痩せているのにも関わらず、汗を大量にかく男性もいます。そのような男性はこまめに汗を拭うなり、冷却パッドのようなアイテムを使うと良いでしょう。一般的に、運動している時以外は「汗=不潔」な印象ですので、ハゲると思われるのも致し方ないのです。

・髪がサラサラすぎる
こちらも体質の問題ではありますが、女性が羨む程に髪が直毛だったりサラサラだったり。このような男性も「ハゲそう」と思われています。男性の髪の毛は一般的には太いのですが、サラサラだったり直毛が過ぎる男性は、髪の毛が細い傾向にあります。
そのため、「ハゲそう」という印象を持たれやすいのです。実際、髪の毛が細いとハゲやすいとも言われています。髪の毛はただの「お洒落パーツ」ではなく、本来は頭皮を守るためのものです。髪の毛が太くで多ければその分紫外線等から頭皮を守る事が出来るのですが、髪の毛が細いとダメージも人一倍受けてしまいます。このような事情もありますので、髪の毛が直毛過ぎたり、サラサラ過ぎる男性も「ハゲそうだよね」と囁かれているのです。
体質である以上仕方ないのですが、髪にボリュームやコシを与えてくれるであろうシャンプー等を活用して改善を図ると良いでしょう。

2054